ブログパーツUL5
Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
点取り占いブログパーツ

Others

Here, there and everywhere

きのうのできごと。
きょうのできごと。
あしたのできごと。
<< 以心電心 | main | ひさしぶりに映画のはなし。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
ノルウェイの森
NORUWEI

久しぶりの映画館。

みてきましたよ。ノルウェイの森。 
村上春樹は好きだけど、ノルウェイの森は正直私はそこまでの思い入れはない。





純粋な今の感想としては、

これは、映画ではない。

というものでした。



作品の世界観とか、
そういったものは確かにとてもよく映し出されているし
小説を読んでいた時に感じた風景とか感覚は、
もしかしたらその想像以上にうまく仕上げられている。
(洋服とかインテリアとか森とか素晴らしいですよ!)

それはとても難しいことで、素晴らしいことだ。
けど。

あくまでもイメージビデオなのだ。

大切にしていた話の節々は削られ。
役者はよくやってるとは思うんだけど、
台詞が発声されると、なにか違和感がぬぐえない。




観るまでは、原作が好きな人には受け入れ難いということを想像していたけど、
これは・・・原作を読んでいない人にはより受け入れられないと思う。。
フランス映画的、と言えば聞こえはいいけど、
引き算された足りなさじゃなくて、足し算しても足りなかった。。
と、私は感じてしまいました。

ってことでの、冒頭の意見。



じゃあもっとこういう魅せ方にすればよかったのに!
とか、あそこはカットしちゃだめだよ!とか、
こうしたらもっと良かったのにーーーとかとか、ないことはないんだけど、
でも

これ以上じゃあどうすれば良かったのか、って正直よく分からない。

これはこれで出来あがってるんだよなー。


いっそのことBGMだけで映像の断片のせてくれたら綺麗だろうなぁ。
なんて思ってたらまさに私の求めていたようなものが。
このサイトは秀逸。
http://www.norway-mori.com/scene/index.html




まぁ、すくなくとも観て損はないと思います!
(原作読んでないひとは観ないほうがいい気が。。)

だけど、やっぱり映画化はしなくてよかったんじゃないかなぁ。
というのが世間一般でありふれているかもしれないが正直な感想。







とりあえず本引っ張り出してきて、再読してみよーっと。

初めて読んだ時はただただ意味が分からなかった。
この本の何が、そんなにも多くの人を惹きつけるのか。

2回目に読んだ時はただただ途方に暮れた。
かといって、言葉を借りるなら空気のかたまりがそこに存在する、
そんな距離感。

3回目は深く深く。沈んでった。
レディへを部屋でヘッドフォンで聴いてたあの頃。




4回目の感想はいかに?





※松ケンの綺麗な指にほれぼれしてしまいました。。笑
 どんどんカッコよくみえてきてしまいましたよ!

 そして高良くんカッコよし!、柄本くんは相変わらず良い味だしてるよなー
Posted by chie
movie / 01:27 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 01:27 / - / -
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK